「Ⅰ」攻略/BC550篇

BC1300のバベルタワーの頂上の先、天空庭園でダッパと会う主人公。
その老いたガーディアンは、主人公に語る。

以下、BC550までのストーリー解説みたいな感じで、バレ満載です。ご注意を。

氷河期に送られたワケ

1500年前*1、天上界の者*2により地上界は洪水による粛正*3が行われた際、ドランの近くにあった遺跡の多くも失われた。
遺跡となっていた*4氷河期の聖堂の中のドラケンの肉体も失われたために、精神と肉体が別れたままでは転生が出来ないガーディアン「ドラケン」は一度完全に滅んでしまった。
その為、主人公を氷河期時代に送り込み、ナーガの助言を得て、ドラケンの精神と肉体の融合を済ませて転生できる状態にさせたのだという。

エゼンのこと

エゼン=タウロスも、エゼンとサライに別れていたのを手助けする為に…。

らしいのだけど、個人的には主人公達がいなくても、あれではああなるんじゃないかとw

ナーガのこと

その内だそうな。

地上界を守るために

そもそもガーディアンの復活は下準備であり、ガーディアンの力で地上界を守る事が本来の目的らしい*5

BC550の地上界では、再び冥界の住人が地上界に現れ始め、地上界の住人達は苦境に陥ることになる。*6
その為、ガーディアンを復活させる…復活させるためには古の時代の天界対地上界の戦いで敗北して受けた封印・宿命を解き、本来の力を取り戻す必要があった。

そこで、ガーディアンを手助けし、復活の為に導く「地上の民の代表」として選ばれたのが主人公だった。*7
また、主人公自身が望んだこと*8でもあったらしい。*9

完全には力が戻らないティタノガーディアン

復活したガーディアンは、しかし宿命によって古の頃のような力は出せなくなっている。
しかし、戦いを経験することで(レベル上げすることで)、限度はあるが本来の力に近づくことは出来るという。

何故かいきなり「まずは天帝だな」

いきなり何故…。
今回の地上の危機に動かない事に加えて、仇討ちの意味も込めて粛正しなければならないとのこと…。*10

ということで、BC550の時代に戻り、再びガーディアン探しに旅立つ主人公とルースであった。

気になる点

  1. 直前までいたサムス・カブは?
  2. ダッパがアシュラの手先になったのはいつ頃?

*1 ダッパではなく街の住人からの話
*2 シオン
*3 ノアの方舟の洪水伝説
*4 しかし機能はしていたと推測される
*5 実際はどの段階か知らないが、ガーディアンの力を利用して、四方聖獣を倒して冥界と地上界を繋ぐ封印を完全に解こうと目論んでいたアシュラによってダッパは操られていたワケだが
*6 本来はティタノガーディアンとの戦いに勝利した天界の者が、これを抑えなければならない。前回はシオンが動いたのだが、今回は天界の者も天帝も動かなかったし、シオンは前回の事に苦悩し、主人公の状態になってしまった
*7 肉体が分離し、記憶は失ったものの、シオンとしての精神と、ムーの神官の血筋のリナの肉体は相性が良いのもあったのか、偶々だったのかは謎だが、素性としては格好の適任者であったと思われる。
*8 シオンの望みかリナの望みかは不明
*9 ここでよく考えると、ここまで話しておいて、どうして主人公に記憶が無いのか…の理由は明かされていない。
*10 何気に過激です。先ずは救援要請じゃないかしら…いきなり攻め込みますか…ま、そんだけ恨み辛みがあるんでしょう

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-05 (金) 04:15:23 (3215d)