イリア

「II」での第2の主人公。
天冥狭間の者であるシオンデュースの間に産まれた子供で、親と同じかそれ以上の強大な力を秘めているが、それ故の業もしかりである。
従って天帝アシュラの孫にあたる。

物心つく前からカルマンに育てられた為に、自分はアレフニアンだと思っていた。

典型的な後衛タイプだが力持ち。そして魔法は非常に強力。

「II」の第3章の南アメリカで登場する。
なんでか、牛一頭分の荷物を背負って登場…カルマンに人間モドキやらバケモノと呼ばれる…。
アレフニアンと思っていたが、肌の色も違うし、エゼン曰く、アレフニアンではないらしい。

カルマンが唐突に倒れ、彼女はソロンに助けを求める。
ソロンは二人を家に連れて行き、アネキ?リナカルマンを診察すると胸に悪いできものが…年老いててその抵抗力とかがないので、抵抗力を上げる薬草だかなんだかモノを探しに、ソロンと共にアマゾンの奥地へ。
カルマンは救えなく、あっちの町の北のエゼンのいるビャッコの塔に行き、なぜかサイクロプス(後の使い魔テュホン)に捕まって、転移させられグレーバリアルーフでエルグと合流する。

最後に地上と冥界を次元レベルで切り離す大業を成し遂げる。
世代すら超えて数々の宿命を乗り越えてきたエルグと共に、幸せになってほしい。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-03 (金) 05:14:24 (3971d)