エゼン

ティタノガーディアンのタウロス。
魔法要員であり、その攻撃魔法の威力は半端無い。

実はナーガの兄。ただし、ナーガがギリシア神話でのプロメテウスだと仮定すると、父がイアペトスという共通点から、アトラスにあたると推測される。母親については、テミス(アイラ)か、オケアニスの一人とかあるけれど、ゲーム上でのことを考慮すると、テミスとした方がいいと思える。
てことは、シオンの異父兄妹にもなる。
企画書を見る限りでは、天竜鬼神天王となっているから、梵天とか帝釈天インドラになるのだろうか。インドラは帝釈天…帝釈天は…天帝…んんん?

「I」でのエゼン

  • BC1300~
    この時代に出会うエゼンは、ユダヤ・キリスト・イスラム教ではモーゼ(モーセ、イスラムではムーサー)と呼ばれる。
    元はエジプトの王位「ファラオ」の次期候補であったが、ラメセスが彼がシオン人の子である事をバラした為、エジプトから追放された。
    エジプトによって奴隷にされているシオン人を救うべく、妻のサライと共にパーティに加わり、見事にシオン人を解放へと導くが、エジプト軍に追いつめられてしまう。
    しかし、サライの自決によりガーディアン「タウロス」として覚醒(実はタウロスはエゼンサライの2人に別れた姿だった)、その後、あの有名な海割りの奇跡を起こした。

  • BC550~
    の時代では、シオンの街の兵長、カルバールとして登場する。
    また、この時もまだ覚醒されていない状態であった。
    バビロニア対ペルシャの戦いの時、バビロニア王ネブカドネザルを倒した後、セリア姫を救出とようとしたとき罠にかかって死んだはずなのだが、その場に死体を残さず消えてしまう。

    天帝との戦闘後、エゼンとして三度登場。

アシュラとの戦いの後、そうとは知らずに解放した、四方聖獣(と獣王)が守っていた(封印していた)冥界と地上界を繋ぐ扉から冥界の住人達が地上界へ溢れ出てきてしまう。
そこで荒らされる地上界を浄化する為に、再び洪水を起こさせるシオンの手助けとして、獣王の封印の地で、冥界からの住人達やその波動の流出を防ぐ事になる。
洪水後、行方不明。

「II」でのエゼン

第3章、南中米で、イリア一行が訪れたツインタワー(ビャッコ)の塔の中で、かつて自らが倒したビャッコの代わりに冥界の扉(次元の穴)の封印を守っている。
イリアが訪れたとき、後に使い魔になるテュホン(サイクロプス)が冥界から現れ、戦闘になる時、彼は仲間として戦う。
その後、再び冥界の扉の守護をしていたが、ラハンによって破られてしまう事になる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-06 (月) 03:23:26 (4058d)