エルグ

「II」での第1の主人公。
ペルシアの王キュロスの息子ルースと、シオン王国王女セリアとの間に生まれた、シオン王国王子。
幼少の頃、ラハンの計略によりシオン王国はペルシアからの侵攻を受け、母セリアと共に地中海経由でエジプトに逃れようとするもペルシア海軍の追撃を受ける。
しかし母セリアの身を挺した反撃によって難を逃れ、ギリシアのスパルタに漂着、助けられたサムスから戦いの施しを受けた。

当初は仇敵ラハンを追う為の旅をしていたが、次第に時間を超えた壮大な戦いに巻き込まれていく事になる。

戦闘は典型的な前衛型。片手剣を得意とする。

何となく「I」のルースと比較してしまうと幼さが隠せないのは気のせいか。

ティタノガーディアン・ドラケンでもある父ルースの血を受け継ぐため、後に彼自身もドラケンとして覚醒する。

「I」でのカイル主人公が時空や世代すらを超えてここに結ばれる、ラストはそんな感慨に勝手に浸りました。イリアとお幸せに。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-05 (日) 13:18:21 (4032d)