カブ

BC1300のバビロンで出逢う魔導士。戦士のサムスと一緒に行動していた。

ギリシア神話では鍛冶の神ヘパイストス。アフロディーテの正式な夫である。
アストライア(シオン)とアフロディーテは異母姉妹になるため、「I」の最後の会話でカブに対して「お姉さまは…」と訊く場面がある。

名前がそのままサリーちゃんの弟であり、サリーちゃんは誰になるのか…アテナかな?

典型的な後衛型で魔法がメインになる。

「I」でのカブ

主人公と共にバベルの塔に登るのだが、最上階に着いた途端にサムス共にアイオーン(ダッパ)の力によって何処かへ連れ去られてしまう。

実はゼウス(天帝)に主人公(この場合はアストライア=シオン)の探索を頼まれたサムス(ヘラクレス)の相棒として旅をしていた。

洪水後、行方不明になった仲間の捜索に旅立つシオンに付いていく事になる。

「II」でのカブ

天界の街、カダスの武器屋にサムスと共にいる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-28 (火) 20:52:20 (3946d)