カルバール

BC1300のエゼンの末裔でシオンの街の兵長。
エゼン(タウロス)の転生した姿であるが、覚醒はしていない。
エゼンとは違い、前衛職にあたる。

「I」でのカルバール

登場はBC550から。エゼンの血を引くシオンの街の兵長で、その実力は高い。
バビロニアに捕らえられたシオンの王国の第一皇女、セリアを救出するも罠に掛かって肉体が消滅する。この時、内に眠っていたエゼン(タウロス)の転生を自覚、再覚醒する。

最後の戦いの後、行方不明になったエゼンの代わりに弟のナーガがカルバールとして生きる事になる。

「II」でのカルバール

ここではエゼンではなく、ナーガである。
第2章でシオン王国に向かうエルグ達の助けに入るが、直ぐに消えてしまう(チンロンの封印の守護をしていた為、長期間の留守、若しくは力を裂く事は出来なかったと思われる)。
第8章でもチンロン(青龍)の入り口に立っていたりと、何かと忙しい。

前述通り、チンロンの守護をしていたのだが、ラハンによって封印を破られてしまう。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-01 (水) 22:08:36 (4036d)