ガルーダ

ティタノガーディアンのガルーダ。
主に乗り物として登場する。人として描かれたのは「II」でレイラ=ヤシャとの行動時のみであり、頭はモヒカンカットであった。

八部衆の迦楼羅、インド神話のガルダである。

「I」でのガルーダ

リアラと合流後、ワイバーンで空飛んでるとイベントが起きて、出逢う。
しかし翼に呪いが掛けられている為に、主人公達を天界へ連れて行く事が出来ないので呪いを解きにガルーダテンプルのボスを倒すと呪いが解け、天界の入り口に行ける様になる。

ワイバーンよりも高速且つ高々度での飛行が可能になるため、今まで行けなかったところにも行ける様になる。

「II」でのガルーダ

レイラヤシャ)の付き添いとして初めて人の姿で登場する。四方聖獣の復活の為に天界へ赴き、その方法得るために、今度は獣聖界へ。

カルバールナーガ)が守るチンロン(青龍)の冥界の扉がラハンによって破られた後、鳥の姿に変化してエルグ達の乗り物となる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-09 (木) 14:51:15 (4054d)