キュロス

BC550のペルシャの王。ルースの父。
ルースはキュロスを「バカ親父」、キュロスは息子を「バカ息子」と呼び合う仲。

「I」では短期間ながらも仲間にもなり、かなり強力な近接要員として活躍する。王らしく、戦闘も好きな様だ。
「英雄、色も云々」の通り、美人には目がない。ヤシャのハリセン洗礼も受けた。

歴史では、当時の世界の大国、ペルシア帝国アケメネス朝のキュロス2世。大キュロスとも呼ばれる人物。

「I」でのキュロス

バビロニアのシオン王国侵略に対して、これを攻撃、バビロニアを征服する(歴史ではこの時点で「諸国王の王」と号した)。
後に後半で「この地に生ける者の代表として云々」言う下りがあり、王らしさを一番出していたキャラであるが、どうしてもヤシャのハリセン洗礼を受けたイメージが強く残るキャラでもある。

「II」でのキュロス

ギリシャに送り、戻ってきた使者ザイラスによって暗殺されてしまう。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-13 (月) 13:57:55 (4024d)