タルカス

64年のローマの剣闘士。
「II」での3番目の主人公。

剣闘士の頂点、闘神を目指し日夜激しい訓練をしており、その目的を達成するも剣闘士である事に空しさを覚え、皇帝ネロに自由を求めた。
その条件として出された、友人エウルカの持つ首飾りを彼から貰い、ネロに渡すが何故か眠らされる。
今度は犯罪人の処刑をしたら自由にするという約束をするが、処刑場のコロシアムにいたのはエウルカ。さらにローレンまで人質にされていた。
しかし、機転を利かせてエウルカは脱出、ローレンは人質の意味を無くすも皇帝側近のラハンに連れ去られる。タルカスはコロシアムに残り独りローマ兵士と戦うが、多勢に無勢、瀕死の怪我を負い、コロシアムから放り出された所で、エルグイリアの一行に出逢った。
以降はラハンからローレンを救い出す為に、エルグ達の仲間となって戦う。

最前線で両手武器を振るうバーバリアン的な頼もしい戦士。物理攻撃力は全キャラ中トップクラスである。
エルグとの掛け合いも見所の1つである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-09 (木) 20:28:52 (4027d)