ダッパ

「I」のみの登場。
ティタノガーディアンの一人で、バベルの塔の更に上にある天空庭園にいる。
またの名を亀仙人(ウソ)

別名アイオーン。
ギリシア哲学では「時代」や「ある期間」を意味する。
ギリシア神話上では永遠などを象徴する時間の神(時間の神は他にもクロノスなどがいるが、クロノスはヘシオドスの神統記などには出てこない)とされ、BC500以後に各地で崇拝されたという。

ティタノガーディアン達の長老?的な立場だったが、結局はアシュラの手先となり主人公達と戦う事になる。
しかし、一縷の望みとして、アシュラに主人公の正体を悟られまいと、主人公の仲間であり、天界の者であるサムスカブを強制転移させた。
この時、既に天空庭園はアシュラの手中にあったものと思われる。

企画書では天竜鬼神乾闥婆王とされている事から、乾闥婆の王と言うことだろう。
乾闥婆は仏教では、天竜八部衆、また四天王眷属の八部鬼神の一つであり、ヒンドゥー教ではガンダルヴァを指す。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-06 (金) 21:33:43 (870d)