ネロ

「II」のみの登場。
ローマ帝国(神聖ローマ帝国ではない)皇帝で、頭の切れる悪者といった人物。
ラハンによって利用されていたが、元来そのような性格であった。

イスパスによる反乱の中、エルグイリアタルカスイスパスに追い詰められた所にラハンによってハイパーネロというボスモンスターに変化させられ、戦う事になる。

歴史上でもネロ。
ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス。ローマ帝国第5代皇帝である。
キリスト教を迫害したことから、後世に暴君と呼ばれたが…。
当時の世相からみれば、キリスト教はそれまでのギリシア・ローマ神話等の多神崇拝を拒絶する一神教であり、マイノリティな新興宗教の一つに過ぎなかった事を考えれば、これは至極当然の歴史的な事象であった筈。
優れた政策も行っており、友人も多く、ローマ市民から嫌われていたわけでもなかったらしく、一概には暴君とは言えない。
ただし、普段の振る舞いに皇帝らしからぬ行動があったり、早とちりで軍の幹部を殺してしまったりと、国に携わる者からは反感を買う行為が多く、結局68年の反乱で国を追われることになり、自刃する。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-17 (金) 20:13:48 (490d)