リナ

  • 元々はムーのクナアに住む神官の家系の少女。ソロンの姉。
    ムーで暴虐のかぎりを尽くしていたザクルスの脅威に対するために、生け贄としてその身を捧げたのだが…。

「I」でのリナ

  • その事を知ったダッパにより、リナの身体は記憶を失ったシオンの器として使われることになる。これはシオンという神格の精神に対して、神官の家系の血筋の肉体は相性が良かったためと思われる。
    このサイトではこの状態を「I」の主人公としている。
  • また、各地で宿命という封印をされていたティタノガーディアンの覚醒を促すべく、氷河期のドラグラードに転移させられる。
  • ムーでのソロンとの再会時は、弟がいたことなど知るよしもなかった。
  • 最終戦では人間の身体では太刀打ちできない事から、シオンはケルビムの棺の中にある本来の身体に戻ろうとするが、それにはリナの身体を滅する必要があった。
    器とは言え一緒に旅をしていたリナは、躊躇うシオンに優しく背中を押すのであった。

「II」でのリナ

  • 「I」と「II」の空白の期間中、シオンサムスカブと共に、行方知れずのティタノガーディアン達を探して世界中を巡ったと推測され、その道中に神聖魔法を使い、弟のソロンと共に蘇ることになった。
    ただし既にムー大陸は水没しているため、弟のソロンとともにナスカに移り、神官として慎ましく暮らしていた。
  • 何となく口調が大人っぽくなった。
  • 運び込まれてきたカルマンの看護を献身的に行っていたが、残念ながらカルマンは帰らぬ人となる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-18 (木) 23:30:36 (3530d)