ヴァンダルク

「II」での闇の主人公、ラハンの正体。
1192年のプロセイン(神聖ローマ帝国)の北方貴族、ヴァンダルク家長のライヒス・ヴァンダルク。

考古学好きがたたり、皇帝フリードリヒと司教バインの策略により異教徒の疑いが掛けられ、プロセインを追われ、パリの街中でひっそりと暮らしていた。

しかし彼に降りかかる不幸は終わらなかった。それは息子ハインツの死である。
ハインツは、マイヤーと共に行動した事で、マイヤー共々(第3回)十字軍に編入させられる。ここで普通に戦死したならばまだ納得も出来よう。
しかし、マイヤーの部隊はフリードリヒバインによって、元から無理な編成や作戦を取らされていた。
結局マイヤーの部隊は壊滅。生存し帰還したのはマイヤーのみで、他は酷い最期を迎えた。
これを知ったヴァンダルクは、世の中に、神に復讐を誓い、冥王との盟約を交わして人を超えた力(ティタノガーディアンすら凌ぐ)を手にして、ラハンとなった。

ゲームの初期におけるこのエピソードで出てくる、ハインツの死を伝えたキャラクターのセリフに名前はなかったが、これはマイヤーである事はゲームを進める内に判明する。
ゲーム後半でマイヤーが訪れたハインツの父親もまたヴァンダルクであろう。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-09 (木) 19:28:53 (3967d)