コウモクテン

広目天。仏教四天王の一人。
須弥山の中腹の西側に住み、西方を守り悪人を罰するという。 甲冑を着けている。西方天とも。

キリスト教などでは四大天使のラファエルにあたる。

「I」でのコウモクテン

対天帝戦への道中に行く手を阻むボスとして2番目に戦う。
そんなに強くない。

「II」でのコウモクテン

天帝のいるトウリテン城内にいる。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS