ザイラス

「II」の登場。
ペルシアの使者で、ギリシア諸国との和平に行っていた。
しかし、帰還したとき、キュロス王を暗殺してしまう。暗殺の実行犯ではあるが、彼を操っていたのは司祭のラハンであった。

キュロスを手に掛けた後、カシムによって切り伏せられる。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS