ドラケン

氷河期(10万年前)のラスボス。
実際はティタノガーディアンとしてのドラケンが、古の天上軍との戦いに敗れた際に受けた封印により、力と心に分離された力の部分である。
心の方はカイルであり、一心同体である。

ドラケンに与えたダメージは、カイルにも跳ね返る。その時に主人公カイルは、カイルがドラケンの心の部分だと悟るのだが、カイルは竜人族として同士討ち覚悟で仇討ちを決行する。

ドラケンを倒すと同時にカイルも(息絶える?)消滅してしまうが、その直前に封印は解かれ、カイルはティタノガーディアンのドラケンとして覚醒したようで、後にカイル=ドラケンの転生体のルースとして主人公と再会することになる。

戦闘自体は話に合わせて…殆どイベント混ざりの戦闘なので、そこそこ育成しておけば負けることはないと思う。
カイルを回復させればドラケンも回復してしまうので注意。
基本的にカイルは回復させずに、主人公を死なせないようにするのがポイント。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS