バイン

「II」のみの登場。
プロセイン(神聖ローマ)帝国の司教で、貴族のヴァンダルク家を快くは思っていなかった。
謀略によってヴァンダルクを破滅に導いた。

はやり病の治療法をウーフーから聞き出すも、治療に動かないでいたのは、ウーフーを亡き者にした後、治療法を独占して富を得ようとしていたからである。

また、不老不死を求めて、その薬の作成をグスタフに任せていた。ただし、これは皇帝フリードリヒの為でもあった。

結局、自分の行った謀略が仇となり、ラハンとなったヴァンダルクによって殺されてしまう。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS