*ルース [#a8200913]
//キャラ概要(シナリオ本筋とは外れた面での紹介、戦闘での役割など)
>BC550時代のペルシア王国王子。ティタノガーディアンのドラケン。氷河期に出会い共に戦った竜族の戦士カイルの転生した姿。~
BC550時代の人物だが、主人公との再会はBC1300の時代である。カイルは覚醒しなかったが、ルースは最初からドラケンとしての覚醒をしている。~

>母はシオン人でルースの出産後に無くなっているが、その母はセリアとは叔母と姪の関係にあるという。従ってセリアは従姉妹にあたる。~

>戦闘は前衛型。最初は魔法が使えないステータスだが、少しずつでも上げておくと使えるようになるし、魔法攻撃への耐性も上がり戦闘が楽になる。~

>神話関連よりも民俗伝承における神の扱いからのティタノガーディアン。西洋系での神格的な存在はないが、天竜鬼神竜王という企画書の記述から八部衆の竜衆の王

**「I」でのルース [#ve2f4013]
-
[[アシュラ]]との戦いの後、彼の陰謀と知らずに解放した、四方聖獣(と獣王)が守っていた(封印していた)冥界と地上界との通路が開いてしまう。~
そして地上に溢れ出る冥界の住人達により荒らされる地上界を浄化する為に、再び洪水を起こさせる[[シオン]]の手助けとして、獣王の封印の地で、冥界から波動の流出を防ぐ事になる。~
洪水後、行方不明。~

**「II」での [#h7b34491]
>

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS